京都の単身引越しはプロスタッフが安い|業者探しに迷っていたらここ

京都の単身引越しはプロスタッフが安い|業者探しに迷っていたらここ

京都の単身引越しはプロスタッフが安い

単身の引越しを京都で予定されているならプロスタッフという会社はいかがですか?

 

単身引越しパックは基本料金15,000円と格安の料金で大物4点と小物20点とたくさん運べるのが人気です。

 

学生さんの多い京都で創業したプロスタッフが多くの引越しをこなすうちに多いパターンの荷物量の設定です。大手の単身パックでは運びきれないお荷物にぴったり。冷蔵庫や洗濯機、ベッド、自転車といった少し大きな物を運びたいという方におすすめです。

 

京都の単身引越しで「他社の見積もりは高すぎた」「他の引越し業者の料金も聞いてみたい」という悩みがある方はお気軽にご相談ください。

安くても丁寧な単身引越しパックが人気です

プロスタッフの単身引越しパックの魅力は安さだけではありません。経験豊かなプロの作業員による引越しサービスも人気の秘密です。

 

昨今では運送業界全体のドライバー不足が深刻化しています。特に忙しい3月4月の繁忙期では、絶対的な人手不足のために、普段は配送をやっている作業員まで引越しを受け負うこともよくあります。

 

しかし、不慣れな作業員ではたとえ単身荷と言えどもトラブルを起こしかねません。大切なお荷物の引っ越しを任せるのですから、信頼感の高い引越し業者に頼みたいものです。

 

プロスタッフは単身引越し専門の会社ではありません。普段から家族荷を扱い、より大きな冷蔵庫やタンスを運んでいるために単身引越し専門の業者よりも、ある意味鍛えられています。

 

6ドア冷蔵庫を運んでいる物からしたら単身用の2ドア冷蔵庫は余裕を持って運べます。

 

料金の安さだけでなく作業品質にもこだわりたい人にプロスタッフの単身引越しパックはおすすめです。

京都府発の長距離引越しも混載便で格安

プロスタッフでは京都府発の長距離引越しも格安で請負っています。安さの秘密は混載便という輸送方法です。

 

長距離の引越しは近距離と比較しても燃料費、高速料金、人件費の負担が大きいです。1件のお客様の荷物を1台のトラックで運ぶチャーター便なら、そのコストが丸々料金に跳ね返ります。

 

長距離輸送のコストを少しでも下げるために大きなトラック1台で複数のお客様の荷物を積み合わせて運ぶのが混載便です。

 

特に京都市内は大学が多く卒業した学生さんが実家に帰る際に長距離引越しを頼まれるケースが非常に多いです。そのような引っ越しの負担を少しでも軽減させるためにプロスタッフでは混載便で京都発着の長距離引越しを走らせます。

プロスタッフなら見積もりも電話で簡単

プロスタッフでは荷物が少ない単身引越しの場合、電話で見積もりを受け付けています。実際に目で見て行う訪問見積もりはトラブルを避けるためには有効なのは否定しませんが、時間が掛かるのがデメリットです。

 

単身引越しであれば、お電話で聞いた内容よりも多少荷物が多かったとしても当日作業に対する影響は小さいと考えてプロスタッフでは企業側にもお客様側にも負担が少ない電話見積もりで料金を提示しています。

 

電話見積もりによりお客様としても複数の引越し業者の料金を比較できるために、より安い費用で引っ越しを行うことができます。

 

京都で単身引越しの料金を比較したいならプロスタッフの電話見積もりがおすすめです。

 

プロスタッフの単身引越しパックをもっと詳しく知りたいならコチラ
https://xn--68jwsi56fz3gwrezrq6t7d94b.com/

単身引越しを激安にする秘訣

単身引越しはやり方次第で激安にできます。ここでは少しでも引越し費用を安くするための方法をたくさんご紹介します。

 

これらの方法を複数実践すれば、普通に引っ越しするよりも単身引越しに掛かる費用は安くなるはずです。

 

ぜひあなたも頑張って京都での単身引越しを激安にしてください。

 

引越し業者が暇な日に依頼する

引越し料金は業者が暇な日と忙しい日では、同じ条件であっても料金が大きく変わります。日程を変えるだけで安くなるなら利用しない手はありません。

 

単身引越しと言っても一年で最も忙しい繁忙期に依頼した時には、5万、10万円といった高額な引越し費用が掛かることだってあるからです。

 

日程を変えるだけでその費用が半額以下に安くなるなら、やらないと損とも言えます。

 

引越し業者が暇な日とは

引越し業者が暇な日は忙しい日の裏返しです。忙しい日の条件を知って、それらを一つずつ外していけば自ずと暇な日になります。

 

引越しが最も忙しい時期は繁忙期と呼ばれる3月4月です。特に3月後半から4月上旬に掛けてピークを迎え、引越し料金も高くなります。相場は閑散期の2倍、3倍にもなるので、できることなら繁忙期の引越しだけは避けてください。

 

次に重要なのが月末かそれ以外かということです。月末は賃貸物件などの締め日にもなるので、全体的に忙しくなる傾向が高いです。

 

また休日か平日かもそれと同じくらい重要です。しかし、月初の休日と月末の休日では後者が圧倒的に忙しいので、どうしても休日にしたいのなら月末以外にすることが大切なポイントです。

 

それ以外にも友引、大安といった日も忙しくなる傾向が高い日です。特に月末の休日が友引や大安だった時には、その月の中で一番料金が高くなる可能性が高い日です。

 

ぜひこれらの条件に当てはまらない暇な日を選んで京都での単身引越しの費用を安くしましょう。

 

トラックの到着時間を指定しない

どうしても引越し日を変えられない人も中にはいるでしょう。そんな時に少しでも安くする方法としておすすめしたいのが、トラックの到着時間を指定しない方法です。

 

引越しは朝一番に始める午前便が最も人気が高く、その分料金も高いです。単身引越しでは1件当たりの作業時間が短くて済むために、到着時間を指定しないフリー便を選ぶと安くなります。

 

※荷物が多い家族荷の場合は午前便、午後便という指定が一般的です。

 

複数の引越し業者で相見積もりをする

同じ条件であっても引越し業者によって料金が大きく異なることは当たり前ですし、複数の引越し業者で相見積もりをすることで値下げをしてくるような会社も表れます。

 

京都の単身引越しを少しでも安くしたいなら一社だけでは決めずに、複数の引越し業者で相見積もりをして料金を比較しましょう。

 

荷物を極力減らす

荷物が少なくなれば単身引越しの費用は安くなります。特に単身引越しは元々の荷物量自体が少な目なために、大きな家具や家電一点が無くなるだけでも料金がかなり変わる可能性はがあります。

 

引越し業者の見積もりが思っていたより高かったのなら、荷物は極力減らすようにしましょう。

 

不用品を処分する

長年使ってなかったり、買い替えるのに適当な時期が来ている荷物があるなら、不用品として処分しましょう。その際に、できるだけ費用が掛からない方法も検討しましょう。

 

売れそうなものなら、ヤフオクやメルカリなどを使って売ってしまいましょう。時間が掛かりそうならリサイクルショップへ持ち込みましょう。

 

それでも値がつかないのなら、いっその事誰かにあげるても良いかもしれません。不用品の処分費用が掛かることを考えれば無料でもあげた方がお得ですから。

 

それでも無理な場合に、自治体の不用品処分を検討しましょう。また引越し業者によっては、サービスで無料で引き取ってくれる場合もあります。

 

相見積もりを取って不用品引取を引越し業者との交渉材料にすることもできます。

 

梱包や開梱は自分でする

引越し業者に余計なオプションサービスを頼むと、その分だけ引越し費用は高くなります。特に梱包や開梱は引越し作業と同じくらい時間が掛かるために、時に費用が2倍くらいになることもあります。

 

少しでも引越し費用を安く抑えたいなら梱包や開梱といったサービスは頼まずに自分でするようにしましょう。

 

ダンボールは自分で用意する

契約によってダンボールを無料でプレゼントしてくれる引越し業者もいますが、意外にコストが掛かっているのが引越し用ダンボールです。

 

ダンボールは要らないと言えば値引き交渉に応じてくれる引越し業者もいるでしょう。

 

ただし、集めるダンボールは引っ越し用として耐えうる材質の物でないといけません。積み重ねにも耐えられる頑丈な物であるのはもちろんのこと、あまりにサイズにばらつきがあると作業の遅延も招きます。

 

引越し業者はダンボールを2つ重ね、3つ重ねで運ぶことも普通です。できるだけサイズが同じくらいのダンボールを集めましょう。

 

料金交渉をする

引越し料金は一応計算式のようなものはありますが、最終的な値段は値引きが大きく影響する会社が多いのも事実です。料金交渉をすれば値段を下げてくれる引越し業者も珍しくありません。

 

例えば、訪問見積もりを受けている時に「この後、3社に見積もりしてもらいます」なんて言えばたちまち値段が下げる営業マンもいますし、「即決してくれるなら1万円下げます」なんて見積もりが多いのも事実です。

 

よほど忙しい日でない限り料金交渉に応じてくれる引越し業者はいるはずなので、言わないと損くらいに思ってください。

 

単身の長距離引越しを安くする方法

長距離引越しは業者間の料金差がとても大きいのが特長です。長距離が得意な引越し業者を見極めることが安い費用で収めるためにも重要です。

 

荷物が少ないなら大手の単身パックは割安です。また空荷で帰る予定だったトラックの帰り便を見つけられれば格安の費用で引っ越しを依頼することもできます。

 

単身荷なら混載便も有効です。単身引越しでトラックを一台満載にすることはあまりないので、大きなトラックで荷物を積み合わせる混載便の方が輸送コストを安くすることができます。

 

とにかく単身の長距離引越しは近距離以上に一社だけでは決めずに多くの引越し業者から見積もりを取ることが大切です。