ボディメイクプログラムHMB

BODY MAKE PROGRAM(ボディメイクプログラム)HMBとは?

筋肉系のサプリメントは筋トレ愛好家や筋トレを本格的に行って体つきを変えたいと考えている人たちにとって非常に愛用される商品となりましたが、人気がありすぎて種類が急増し、選ぶ側が情報過多となって足踏み状態になることも増えております。

 

そこで、今回はあの超有名人レディーガガ氏も使ってすっきりボディになったといわれている「BODY MAKE PROGRAM(ボディメイクプログラム)HMB」について詳しく紹介いたします。

 

BODY MAKE PROGRAM HMBの特徴やポイントについて

 

筋肉系のサプリメントの特徴として必ず強調される部分はHMBです。

 

すべての商品を網羅しているわけではありませんが、筋肉サプリ系の商品は高確率でこのHMBが名前に入っており、成分としてもこのHMBを前面に押し出してきます。

 

今回紹介する「BODY MAKE PROGRAM HMB」も商品名からもHMBを強調していることがわかりますし、商品宣伝サイトを閲覧しても、最初に強調しているなど気合いの入りようが見て取れるでしょう。

 

そのため、筋肉サプリ系の商品を理解するためにはこのHMBとはどのような効果があるのかを理解することから始める必要があります。

 

HMBについて

 

HMBとは「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」のことで、ロイシンという必須アミノ酸を摂取するときに代謝されて生成される物質のことです。

 

シンプルに「ロイシンの代謝物質」と覚えていただければいいでしょう。

 

ロイシン自体はBCAAにも含まれておりますしたんぱく質を構成するアミノ酸として覚えている人も多いでしょう。

 

このロイシンから代謝されるHMBは発見が実は1996年にアメリカと非常に最近で、そこから効能が理解され一気に有名になり、筋トレ愛好家の中で爆発的なヒットを生みます。

 

ボディメイクプログラムHMBで綺麗な筋肉を手に入れる方法

この効能についてもシンプルに解説すると「筋肉増強効果」と「筋肉減少抑制効果」があると言うものです。

 

これに類似した研究報告や成果が次々と出てくるようになり、作用機序も多くの方々に立証され認められるようになりました。

 

この作用機序はタンパク質合成促進作用・タンパク質分解抑制作用・筋鞘安定化作用となっております。

 

一説にはこのHMBの作用によって70代の老人も筋肉量が増加したという話がありますので、なかなかに効果が大きいといえるでしょう。

 

ただし、このHMBはロイシンを摂取したとしても20gの摂取で1g程度が生成される程度なので、ロイシンからの生成では効率が悪いと多くの方がとらえているようです。

 

このHMBを摂取することでタンパク質の同化促進作用が効率的に行われるようになるので、筋トレの効果が一気に増大すると言うことになるのです。

 

要するに、プロテインと目的は一緒なのですが、より効果的に動いてくれるのがHMBとなります。

 

プロテインはタンパク質の塊なので筋肉を作る材料となってくれますが、HMBは筋肉の分解を抑制して筋肉の合成を促す効果があるのでその材料を効率的に使うという力を発揮します。

 

よく、プロテインとの違いについて言及する人がいますが、その違いはわかりやすく言うとプロテインは筋肉を作る材料でHMBは材料ではなく指示だし職人だと思っていただけるといいでしょう。

 

ここでポイントとなるのが、両者とも飲むだけでムキムキになるとか、メリハリボディになれるわけではないと言うことです。

 

筋肉の作成効率を上昇させる作用はありますが、それは筋トレが効果的に行われないと意味がないと言うことになります。

 

雑誌や広告では「飲むだけで体型が激変!?」とか「肉体にすさまじい効果!」などと強調されることがありますが、これはあくまで筋トレなどの効果に見合った努力がセットとなっているということを忘れないでください。

 

女性のダイエッターにこそ必須

 

ボディメイクプログラムHMBで綺麗な筋肉を手に入れる方法

女性のダイエットの中で最も多いやり方が、食事の量を減らすとか糖分摂取量やカロリー摂取量、脂質の摂取量を減らすというやり方です。

 

要するに、炭水化物などの高カロリーで糖質多めな食べ物を避けるというやり方になります。

 

これらのダイエットは簡単です。

 

食事をひたすら制限するだけなので、我慢さえできれば続けられます。

 

しかし、この食事制限系ダイエットには高確率で地雷が仕込まれているので、ダイエット終了後に爆発することが多いのです。

 

その筆頭が、タンパク質不足による筋力低下と栄養不足による停滞期突入でしょう。

 

タンパク質が低下している状態でダイエットを無理矢理続けると次々と筋肉が痩せていきます。

 

筋肉は脂肪と比べると圧倒的に重いので、筋肉量が減れば体重減少には成功するでしょう。

 

おそらく、無理な食事制限をすれば1ヶ月で5キロ以上痩せられるでしょうが、その多くが筋肉の減少の可能性が高いので代償が非常に重くなります。

 

筋肉量が減れば、運動をするときに非常に疲れるようになりますし、何より体力が減少して基礎代謝も低下します。

 

つまり、痩せにくく太りやすい体力のない体になるのです。

 

また、1ヶ月で5%以上の体重を落としてしまった人は、「ホメオスタシス効果」が発動している可能性が高いです。

 

これは飢餓状態になってしまった体からこれ以上エネルギーを消費しないように働く体の反応の一種です。

 

いわゆる「停滞期」というものがこの反応のせいだと多くの方々が推察しております。

 

筋力量減少と停滞期突入が同時に発生してしまうと、基礎代謝が著しくて低下するようになりますので、すさまじい勢いでリバウンドをします。

 

そのようなことがないように、しっかりとタンパク質を摂取して筋トレを行う必要があるのです。

 

このトレーニングの効果を上げるためにもHMBとタンパク質を有効活用してください。

 

健康になるための筋トレ・導入編

 

週に2〜3回ジョギングとウォーキングを組み合わせてだいたい5キロ(1時間)を心がけています。

 

平日の昼間は仕事をしているので夜に運動しています。

 

もう少し頻繁に運動したいのですが、子供がまだ小さく一人で留守番させられないため主人の仕事が早く終わったときや休みの日に出かけるようにしています。

 

学生時代には運動部に所属していましたが20年近くほとんど身体を動かしていなかったので無理すると膝を壊すので5キロのうち4キロを早足でのウォーキングで残り1キロをスロージョギングします。

 

広い歩道を走るのですが結構アップダウンが多いので基本的に上りをジョギングして下りは膝に負担がかからないようにウォーキングしています。

 

ボディメイクプログラムHMBで綺麗な筋肉を手に入れる方法

体重を少し落とすこと、全体的に筋肉を付けて引き締めること、肩こりの解消のために運動を開始したのでプロテインは飲んでいません。

 

健康な身体を作るために野菜を多めに摂取し、バランスの良い食事を心がけています。

 

外で運動出来ないときは自宅で『トレイシーメソッド』のDVDを観て運動します。

 

全部のカリキュラムは時間もかかるのでなかなか出来ませんが腕・ウェスト・脚などどれかその日の課題を決めてやるようにしています。

 

パソコンの前で一日中仕事して身体全体がガチガチにかたまっているので身体をほぐすために、時間がないときはDVDの中のウォーミングアップ、クールダウン、ストレッチだけでもやるようにしています。

 

身体がほぐれるとリラックスして夜ぐっすり眠れる気がします。

 

忙しい時にもできる筋トレ&ダイエット

 

私は看護師をしていて、休みが不規則なのですが週に2回ほどの休日には必ずジョギングをしています。

 

休みの日でも遅くまで寝すぎないように目覚ましをかけ、食事前に家を出発します。

 

近所に川があるのでその河川敷をだいたい往復3キロほど走っています。

 

時間は休憩をはさんでだいたい1時間半くらいです。

 

また、テニスが好きなので友人を誘って近所の運動公園のテニスコートで2週間に1回ほどテニスをします。

 

気分転換にもなるのでとてもおすすめです。

 

運動するときには必ずスポーツドリンクを飲むようにしています。

 

脱水や熱中症にならないように注意するためです。

 

看護師は仕事をするのに意外と体力がいるので、このような体力づくりをして元気に働けるように心がけています。

 

一日3回の食事を規則正しく食べるように心がけています。

 

特に朝食は野菜を多く取り入れてしっかりと食べるようにし、夕食は比較的軽めにしています。

 

塩分の多いものはなるべく控えてバランスの良い食事になるように自炊をすることが多いです。

 

間食はなるべくしないように、特にスナック菓子は食べないように気を付けています。

 

また、夜更かしはしないようにできるだけ7〜8時間の睡眠をとれるように心がけています。

 

日々の疲れをしっかりとらないと健康は保てないと思っています。

 

そして運動した日には足などのマッサージも欠かさずにしています。

 

筋肉痛になると次の日つらいので、お風呂では湯船につかって自分でマッサージして筋肉をほぐすようにしています。